ミネラルと生化学

五大栄養素の一つとしてミネラルがあげられます。一概にミネラルといっても、種類、働きは様々で、覚えるべきこともたくさんあります。

そこで、ミネラルに関して、10問の正誤式の問題があります。見出し(目次)の文章を正しいか間違っているかを考え、間違っている場合は正しい表現を考えてみて下さい。

ミネラルは、酸素、炭素、水素、窒素、フッ素以外の必須元素である?

ミネラルとは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンに並ぶ五大栄養素の一つで、体の維持や調節において重要な役割を担っています。
ミネラルの中でも、カルシウムやカリウム、鉄、マグネシウム、リンなどは身体に大きな影響を及ぼします。ミネラルは過剰に摂取すると身体に異常を及ぼしますが、現日本では平均的にミネラル不足が問題視されています。

(解答)✖ フッ素はミネラル
ミネラルは酸素、炭素、水素、窒素以外の必須元素のことを指します。

人体に最も多く存在する金属はナトリウムである?

カルシウムは体重の1~2%を占めていて、人体に存在する金属の中で最も多い金属となっています。内訳としては99%が骨と歯で、残りが血液中などに存在しています。

(解答)✖ カルシウム
人体には最も多く存在する金属はカルシウムです。

クロロフィルはカリウムを含む?

私もこのサイトを作る際に初めて知ったのですが、クロロフィルは『植物の血液』といわれているそうです。
更に、血液といわれれば、人間で考えると鉄分が主な気がしますが、植物では、マグネシウムが主流だそうです。

(解答)✖ マグネシウム
クロロフィルはナトリウムを多く含みます。

【参考資料】
神様の食材 マグネシウムが多くとれる食材ベスト10!欠乏症を克服しよう! http://www.kami-shoku.com/super-shokuzai/6646/

ナトリウムは細胞外液より細胞内液に多く含まれる?

細胞外液と細胞内液には含まれるイオンの量が大きく異なっています。
それらの濃度を均等に保つように働く作用を、浸透といいます。
これらにかかる圧力を浸透圧といい、外液と内液の濃度が等しくなった時浸透圧が0になったといえます。

(解答)✖ 逆

ヘモグロビンは、マグネシウムを含む?

ヘモグロビンとは、血液中に存在する赤血球に含まれる色素で、赤いタンパク質となっています。これは、チトクロムcと鉄を主に含んでいます。
更に色付きたんぱく質としては、青いタンパク質も存在します。プラストシアニンと銅を含むタンパク質でヘモシアニンといいます。これらの二つのたんぱく質は呼吸に大きくかかわっています。

(解答)✖ 鉄

鉄の欠乏は、骨粗鬆症のリスクを高める?

骨粗鬆症とは、骨がスカスカになってしまうことで、身体の重さによって関節に負担がかかり、膝や腰など関節の軟骨が磨り減り痛みを感じるなどといった症状の出る疾患です。骨折しやすいというのも大きな特徴の一つです。
主な原因としては、ビタミンD・ビタミンKの欠乏があげられます。
後ほど紹介しますが、当サイトにて欠乏症についてまとめているページもございますのでご覧ください。

(解答)✖ 貧血
鉄の欠乏は貧血のリスクを高めます。

甲状腺ホルモンは、フッ素を含む?

甲状腺ヨウ素を必要としている器官です。
ヨウ素は海藻などに多く含まれています。しかし大量に摂取し続けると、甲状腺機能低下症を引き起こすため、適度な摂取を心がけましょう。
現日本人でいうと、私個人の主観ですが、ミネラルは基本的に欠乏症になりやすく思います。ですが、ヨウ素に関しては、日本人が多く摂取する食品(昆布、ひじき、海苔、わかめなど)に多く含まれているため、過剰症になりがちな栄養素だと思っています。摂取量に気を付けて、健康的な食生活を目指しましょう。

(解答)✖ ヨウ素
甲状腺ホルモンはヨウ素を含みます。

銅の欠乏は、貧血のリスクを高める?

銅は普通に過ごしていたら、欠乏症になる事はほとんどありません。
銅の欠乏症は、銅が加えられていない高カロリー輸液を行ったとき、銅の含有量の少ないミルクによる栄養管理中、タンパク栄養障害、難治世下痢症などのときに発症します。
症状としては、鉄投与に反応しない貧血、白血球の減少、骨異常などです。

(解答)〇

亜鉛の不足により視覚の異常を生じる?

舌には、味蕾と呼ばれる小さな器官が多数あり、ここで味を感じ取ります。
味蕾は体の中で新陳代謝の激しい器官のうちの一つで、細胞の入れ替わりに必要な働きを担っている亜鉛が減少すると細胞の若返りができないため、味覚異常につながります。

(解答)✖ 味覚
亜鉛の不足により味覚の異常を生じます。

【参考資料】
・免疫力とおなかの関係 健康情報サイト https://www.nattoukin.jp/Zn%20aen.htm#亜鉛と味覚障害
・南柏西口駅前にACTデンタルクリニック公式サイト 味覚 http://actdental.jp/blog/1003

ビタミンB12には、コバルトが含まれる?

ビタミンB12は赤血球の生成を助けたり、神経の機能を正常に保ちます。

(解答)〇

当サイトにおいて、ミネラルについて詳しくまとめているページがございますので、ご覧ください。
五大栄養素 ミネラル』『ミネラル

前の記事

核酸

次の記事

ホルモン