PA測定マニュアル:ISO24442準拠

UVA(紫外線A波)による日焼けを予防する試験はPA(Protection Grade of UVA)と呼ばれています。SPFの値が数値で表されることに対して、PAはPA+からPA++++まで段階的に表示されることが特徴です。PA測定はISO24442(2022年改訂版)を参照して実施されます。

PA測定のISOは、SPF測定を記載しているISO24444と双子のように似ていて、10項目あることや小項目(例えば5.1.4といった小さな項目)まで構造が完全に一致しています。主にUVB(紫外線B波)による日焼けを評価するSPFとは細々と異なる部分があり、このページではSPFとの違いを主に解説しています。

大部分はSPF測定マニュアルに記載しているので、まずはそちらをご参照ください。

PA測定の被験者募集や実験手順

募集要項はSPF測定と同じページを利用できます。人数や年齢などの条件も同じですが、肌の色に対する条件のみ、ややSPFと異なります。

実験の準備もSPF測定と概ね同様です。最大の違いはUVAの波長を使うことです。これはUVA用のフィルターを使うことで実現します。間違えると、大きな肌のダメージになることや被験者として参加できなくなること、保障をすることも必要になりますので、準備から測定中まで何度も確認してください

被験者募集から測定実施までの違いは、PA用の標準品を使うこと、また日焼けの判定がSPFよりも目立たないので判定が難しいことの2点になります。

PA測定の詳細

SPF測定マニュアルのページにISO24444を詳細に解説していますので、以下の共通する項目はそちらを参照してください。

  • 概念
  • 測定装置の準備
  • 紫外線照射の準備
  • 肌色の測定(ITAの計算方法)

サンプルの塗布

SPF試験と同様に標準品の塗布が毎回必要です。

日焼けの判定

SPF試験とは異なり、分かりやすい赤い変化がありません。

PAグレードの計算

SPFと同様に「塗布をした際の照射時間÷塗布をしていない際の照射時間」が基準となりますが、PAはSPFのような数値ではなくPA+からPA++++の段階的に表示します。