ホルモン

ホルモンとは内分泌腺などから分泌される化学物質です。生体内では、ホルモンによってさまざまな器官や組織の活動がコントロールされています。

分泌される場所と分泌されるホルモンについてまとめた画像をお借りして、こちらに乗せさせていただきます。学習するにあたり、理解しやすくなると思うのでご利用ください。


【参考資料】
【内分泌器官としての筋肉】KUR鍼灸治療院https://kur61.amebaownd.com/posts/5534076/

ホルモンに関して、10問の正誤式の問題があります。見出し(目次)の文章を正しいか間違っているかを考え、間違っている場合は正しい表現を考えてみて下さい。

ホルモンは、体外へ分泌されることから外分泌と呼ばれる?

そもそも、外分泌とは、分泌された物質が作用するところまで導管で導かれているものをいいます。内分泌とは、そうした導管がなく腺から直接血中に分泌されるものをいいます。よって、ホルモンは内分泌腺から放出され様々な器官で作用するため、内分泌といわれます。

(解答)✖ 外分泌→内分泌
ホルモンが、体内(血管)へ分泌されることから内分泌とよばれます。

脾臓は、内分泌も外分泌も行う?

内分泌と外分泌の両方を行う器官は膵臓です。膵臓からは外分泌機能として、消化液が膵管を通って十二指腸に分泌されています。内分泌としては、インスリンなどのホルモンを血液中に放出し、血糖値のバランスを整えています。

(解答)✖ 膵臓

【参考資料】
Medical note 膵臓の機能を温存する膵臓縮小手術とは?適応疾患とメリット、全摘出のリスクについて https://medicalnote.jp/contents/170421-001-BX

アンドロゲン、テストステロン、エストロゲン、プロゲステロン、コルチゾールは全てステロイドホルモンである?

ステロイドとは一定の構造を持つ物質で、○○ステロンといった名前であればステロイド系の物質です。
代表的なステロイドホルモンとして、男性ホルモンであるアンドロゲンやテストステロン、女性ホルモンとして働くエストロゲンやエストラジオール、黄体ホルモンのプロゲステロン、副腎皮質ホルモンのコルチゾールなどがあります。

コレステロールの化学構造

(解答)〇

【参考資料】
国師かけこみ寺 【3分で覚える】ホルモンの分類【アミン・ペプチド・ステロイド】https://kokushi-kakekomi.com/3min-hormone#toc5

ANPやGMPは細胞内セカンドメッセンジャーとして作用する?

ANPとは、心房性ナトリウム利尿ペプチドの略です。
次にセカンドメッセンジャーについてご説明いたします。水溶性の情報伝達物質(ファーストメッセンジャー:ホルモンなど)は細胞膜上の受容体で認識されます。その後細胞内に情報を伝える物質のことをセカンドメッセンジャーといいます。

(解答)✖ AMP(cAMP)
AMPやGMPは細胞内セカンドメッセンジャーとして作用します。

視床下部からは成長ホルモンが分泌される?

視床下部からは下垂体前葉に作用する放出ホルモン、もしくは放出抑制ホルモンが放出されます。成長ホルモンは、脳下垂体前葉から放出されます。

(解答)✖ 放出ホルモン
視床下部からは放出ホルモンが分泌されます。

パソプレシンは脳下垂体から分泌され、腎臓で水の再吸収を減少させて血圧を調節する?

バソプレシンとは脳下垂体後葉から放出されるホルモンで、血液中の濃度が高くなった際に、腎臓で尿として排出される水分から水を再吸収します。この水の再吸収を促すホルモンがバソプレシンとなっています。

(解答)✖ 増加
バソプレシンは脳下垂体から分泌され、腎臓で水の再吸収を増加させて血圧を調節します。

チロキシンはヨウ素を含み、熱産生などに作用する副腎皮質ホルモンである?

チロキシンとは甲状腺といった内分泌腺から放出されるホルモンです。これは物質の交代の促進や成長に大きくかかわっています。

(解答)✖ 甲状腺
チロキシンはヨウ素を含み、熱産生などに作用する副腎皮質ホルモンです。

膵臓のランゲルハンスα細胞からはグルカゴン、β細胞からはインスリンが分泌され、共に血糖値を低下させる?

膵臓のランゲルハンス島のα細胞とβ細胞から分泌されるホルモンは、それぞれ反対の作用を持っていて、この二つの細胞から血糖値の数値の調節をしています。

(解答)✖ グルカゴンは上昇
膵臓のランゲルハンスα細胞からはグルカゴン、β細胞からはインスリンが分泌され、グルカゴンは血糖値を上昇させ、インスリンは血糖値を低下させます。

副腎皮質より分泌されるアルドステロンはナトリウムの再吸収により血圧を上昇させ、コルチゾールは糖新生を亢進する?

アルドステロンは、アンギオテンシンIIによって分泌が促進され、ナトリウムと水の再吸収を促進します。そのため、アンギオテンシンIをアンギオテンシンIIに変換する酵素(アンギオテンシン変換酵素:Angiotensin Converting Enzyme:ACE)を阻害する物質は尿の排出を促進し、血圧を低下する薬として使われています。

糖新生とは、グルコース以外の物質(アミノ酸、乳酸、グリセロール)からグルコースをつくる仕組みのことを指します。簡単に言うと糖質以外のものからグルコースを生成する呼吸の解糖系の逆の反応となっています。

(解答)〇

ドーパミンやアンドロゲンは、副腎髄質から分泌される?

皆さんはよくやる気に満ちている状態の時などに「アドレナリンが溢れる!」などとおっしゃっていると思います。生物学で気にもあながち間違ってはいません。アドレナリンは自律神経の交感神経が働き分泌を促すからです。皆さんもアドレナリンを分泌させて、さまざまのものに挑戦してみてください!

(解答)✖ アドレナリン
ドーパミンやアドレナリンは副腎髄質から分泌されます。

ホルモン