関与成分の分析

機能性表示食品を申請する際には、
「ヒト試験」「成分分析」「作用機序」という
大きく3つの研究が必要です。
ここでは「成分分析」について、簡単にご紹介したいと思います。

関与成分とは?

健康食品の開発に関わっている方々には、
「関与成分」という言葉の方が馴染があるかと思います。
どのような成分によって効果があるかを調べる研究です。
人類が発見したことがない未知の物質に巡り合えることもあり、
宝探しのような研究でもあります。

栄養に効果があるという誤解

化粧品や香りには当てはまらないですが、食品の場合、
ビタミンやミネラル、アミノ酸に効果があると
本気で思い込まれている場合があります。
専門的な勉強を長年したはずの大学4年生が、
卒論発表会でそのように言ってしまうことも度々あり、
一般的な誤解の1つでもあるのかもしれません。
「栄養素」に該当するそれらの成分は、
不足を補うと絶大な効果を発揮しますが、
一般的な日本人の食生活で不足することは稀です。
特別な効果がある場合、特別な物質が含まれていることが多いです。
この特別な物質は「関与成分」と呼ばれています。

食品分析に関する誤解

もう1つ大きな一般的な誤解があるのですが、
日本分析センターなどの公的機関で分析できるという勘違いです。
知られている物質について数値化することはできますが、
前述のような物質を探すような研究は困難です。
私共の研究チームでも、残念ながら海外出身者のみが可能であり、
忍耐や地道な作業が必要な、今の若い日本人には無理な実験です。

関与成分(有効成分)が明確な製品では問題ありませんが、
ブラックボックスのまま長年販売されていることも多いです。
その中には、人類がまだ知らない宝が隠されている場合もあります。
お手元にある主力商品に未知のことがある場合、
まずはご相談頂ければ幸いです。