霊芝(ガノデリン酸)の効果:抗ガンや抗インフルエンザ等

 霊芝は、マンネンタケやサルノコシカケなどとも呼ばれているいるキノコで、ガンに対する効果などが有名です。私たちの最近の研究は、機能性表示取得を目的とした研究が多いですが、2019年現在、機能性表示を取得した製品は見当たりません。この霊芝にはガノデリン酸という有効成分を含んでいて、私たちの研究で抗インフルエンザ作用抗ガン作用のメカニズムを解明しました。

霊芝(ガノデリン酸)の研究レビュー

 霊芝は古くから生薬として使われているキノコで、海外では薬として扱われている国もあります。人工合成の医薬品とはことなり、天然の多くの成分が含まれており、その効果も様々です。既存研究をレビュー(文献調査)してみると、多くのエビデンス(研究論文)が見つかります。

霊芝(ガノデリン酸)のガン細胞に対する効果

 霊芝の研究は、ガンに対する効果が最も多いのではと思います。文献調査をすると、様々な癌腫に対して、様々なメカニズムで効果がありました。

メタボリックシンドロームに対する効果

 ガンだけでなく、メタボシックシンドロームに対する研究も多くありました。臨床試験も多く実施されていて、機能性表示を取得できるほど、多くの研究成果がありました

霊芝の有効成分:ガノデリン酸とβグルカン

 霊芝の効果を説明する最も有力な物質はガノデリン酸(Ganoderic acid)です。細かい化学構造の違いでガノデリン酸A、ガノデリン酸B…と命名される多くの類似物質があり、それらの集合体になります。

 ガンとメタボリックシンドローム双方の効果を説明する物質として、βグルカンも多く含まれています。βグルカンは、ある程度知名度の高い成分ですが、これも、種によって化学構造が異なります。

当研究グループの霊芝(ガノデリン酸)研究

 約10年前より、霊芝に関する様々な研究を実施しています。

 霊芝の研究は、当グループの研究者が企業とお酒を飲んでいる時に、効果があるという噂を聞いてから始まったようです。その効果を1分間の動画で簡単に紹介しています。

霊芝(ガノデリン酸)が作用するメカニズム

私たちの研究グループで実施した研究のうち、抗ガン作用に関する研究がScientic Reportsという世界的に知られる科学誌に2012年に掲載されました。

その3年後の2015年にもScientic Reportsに掲載される研究が発表されました。インフルエンザの治療薬と同じ仕組みで予防効果を発揮する可能性が示されました。

双方の研究は、2020年現在、「ガノデリン酸」で検索するとトップページに詳細を紹介する情報が見つかります。多少専門的な内容ですが、そのうち2つを以下リンクさせて頂きました。
ガノデリン酸の標的タンパク質
マンネンタケ科キノコから抗インフルエンザ薬のリード化合物発見

当研究グループの研究成果まとめと展望

上記の2つについてが、最も大きな研究成果ですが、その他も様々な研究を実施しています。

近年は栽培についても研究しており、ガノデリン酸という機能性成分を多く含む状態を探索する、機能性育種と呼ばれる研究成果も出ています。大きく立派な霊芝に有効成分が多く含まれる訳ではなことが分かっています。

霊芝を含有する製品の開発

 キノコといっても、霊芝は大変固く、また大変苦いです。そのため、サプリメントとして販売されていることが多いです。

霊芝コーヒー

苦味を生かして、コーヒーに利用している製品もあります。九州の宿泊施設として有名な阿蘇ファームランドさんより、ガノデリン酸の化学構造もパッケージに掲載されていました。

パッケージだけでなく、中にも化学構造を記載した説明書きが含まれていました。さらに、当研究グループの研究者の顔写真も掲載されていました。

霊芝サプリメント

 私たちが研究開発の隅々まで関わったサプリメントが製品化されています。

 一般的なサプリメントとは全く異なる製造方法を採用しています。研究者しか思い付かないような発想で、その製法が採用されることはないと思ったのですが、良い製品へのこだわりにより、理想的な加工方法に辿り着きました。

野生の霊芝発見と成長記録

 慣れていないと見つけることはできないようですが、中国の山奥にだけ生息している訳ではなく、私たちの身の周りにも発育しているようです。

 比較的街中でも霊芝が見つかるようです。学生さんから、大学近くに霊芝が生えていると教えてもらい、成長過程の写真が随時送られてきました。愛おしくも感じられます。

霊芝は栽培できます!

 人工栽培が難しく、幻の薬用キノコという印象の霊芝ですが、比較的容易に栽培することも可能です。

 その経緯は、ツイートでも紹介していました。新鮮な空気と太陽光が必要というのは、キノコの常識とは違うものでした。立派な霊芝に成長しました。

 二酸化炭素濃度が高くなったり、太陽光が少ないと、傘が小さく、細長くなるそうです。鹿角霊芝は、霊芝の中でもさらに幻の霊芝と言われて販売されることもありますが、実は、人工栽培の失敗作とのことでした。

前の記事

食事と病気