t検定:帰無仮説や有意差とは?エクセルを使った解析方法も解説

t検定とは『t分布を利用して帰無仮説が正しいと仮定した場合に統計量がt分布に従うことを利用した検定方法の総称』です。このように説明すると大変難解に感じてしまうことと思いますが、Excelでも比較的簡単に実施できる便利な統計解析の1つです。

統計学カテゴリーでは、エクセルの基本関数やルール、ヒストグラムや基本統計量(箱ひげ図の作成)、正規分布と信頼区間などについて紹介しています。このページの内容が難しい場合は、それらカテゴリー内のページをご参照ください。

以下の動画は、次のページからの内容を解説したものになります。予め確認すると理解がしやすくなるかと思います。もしくは、文章の理解が難しい場合など是非閲覧してください。

t検定(帰無仮説、有意差)

タイトルとURLをコピーしました