研究レビュー(システマティックレビュー、SR)とは?

 ここで説明する 「研究レビュー」とは、機能性表示食品に申請するための文献調査で「システマティックレビュー(systematic review, SR)」とも呼ばれています。機能性表示食品を申請するための研究レビューには、複数名の研究者が求められており、一般的な企業では実施困難です。弊社は大学発ベンチャーという性質上、多くの博士研究員を抱えており、研究レビューを安価かつ円滑に実施可能です。

 化粧品や香り等の製品開発に直接的に関係はないですが、同様のプロセスが重要になるかと考えています。エビデンス(科学的根拠)のない広告表現をすることは厳罰が科せられるようになりました。つまり、研究論文を調査してそれを広告表現に反映することは、景品表示法対策としても活用できます。後半には研究レビューの費用も記載しておりますので、ご検討頂いている企業の方などは最後までご覧頂ければ幸いです。

研究レビューの実務

 機能性表示食品に関する研究レビューにつきましては、消費者庁のサイトなどが参考になります。

 このパンフレットにも書かれております通り、研究レビューの作業自体は「文献調査」です。「研究レビュー」も「文献調査」も敷居が高いと感じる場合は、「検索」と「まとめ」に近いと解釈して頂いても良いかと思います。

文献調査はPubmed

 多くの研究者は、GoogleやYahooと同様に、主にPubmedと呼ばれるデータベースを利用して研究論文を検索しています。

 慣れると特に難解ではないのですが、機能性表示の届出を考えている企業にとって、まずは英語であることなどから、敷居は高いかもしれません。

機能性表示の届け出は事務仕事

 研究者にとって、その「文献調査」の難易度はあまり高くないですが、機能性表示の届け出は「事務仕事」。

多くの研究者は苦手としている作業になります。

 私共の研究グループで「研究レビュー」を担当しているスタッフは理系の素養と文系の資質がある稀有な才能をお持ちの方が中心です。

研究レビューの積極的な利用を

  そのように説明をしますと、非常に難易度が高く感じられますので、基本的には、外注を検討する場合が多いかと思います。

研究レビューの一般的な費用

 機能性表示食品の研究レビューを受託して下さる企業は検索すると、比較的多くヒットします。ですが、実際に作業の見積りをとってみると、200~500万円程度が相場になるようです。

 私共で臨床試験を受託する程度の費用であり、確実に機能性表示を取得できるとは限らず、リスクの高い投資的な支出となってしまいます。弊社では、研究者以外では難しい研究レビューの部分(届出様式V)の部分を50~125万円で受託しております。

研究レビューの裏技

 自分たちが実施した臨床試験のみを「研究レビュー」するという裏ワザのような申請方法も存在します。

 私共はこの方法での申請に複数関わりました。具体的には、サフラン調糖唐辛子などになります。

目利き調査(予備調査)と費用

 高額な支出のリスクを回避するため、福岡県では、「目利き調査」という文献調査サービスを実施しています。福岡県の事業者様は、無料で簡易的な調査が依頼できます。上記リンクにお問い合わせの連絡先が書かれておりますので、ご興味のある事業者様は是非ご連絡頂ければ幸いです。

 福岡県外の事業者様は、残念ながら目利き調査は利用できませんが、弊社では同様の調査を30~50万円で受託しております(1つの成分、1つの機能性として。多くは30万円の範囲で収まります)。福岡県の補助事業では有効性の調査のみですが、弊社の場合は安全性の調査にも利用可能です。

 機能性表示に申請する研究レビューのリスク判断のため、広告表現に利用する科学的な根拠を探るためなどご利用下さい。

お問い合わせ