心拍変動解析・脳波・パッチクランプ法

心拍変動解析

心拍変動解析は、心拍変動パワースペクトル解析、R-R間隔変動解析などと呼ばれています。「変動」と言葉の通り、 周期的に変動している心拍一泊毎の間隔を数値化します。

私たちの心拍数は、呼吸や血液を流れる物質などによって周期的に変化をしています。心拍変動解析では、その周期的な変化の振幅や周波数を数値化します。その数値化された指標は、自律神経活動(交感神経活動、副交感神経活動)を反映しています。

以下の動画で詳細に説明しています。

ラットの自律神経活動評価

心拍変動解析は、特に香りの効果を検出する際には最も有用な物理的計測方法の1つです。特に、副交感神経活動の向上(≒リラックス効果)を検証する際などに利用されています。

タイトルとURLをコピーしました