UMINとは?

 UMINとはUniversity Hospital Medical Information(大学病院医療情報ネットワーク)の略です。「ユーミン」と呼ばれています。

 全国42の国立大学病院のネットワーク組織で、東京大学医学部付属病院内に設置されています。現在では、オンラインサービスが、フリーアクセスのデータベースとして国立大学病院以外の医療関係者にも利用できるようになっており、医療関係を中心に様々な情報が提供されています。

UMIN-CTR:臨床試験の登録サイト

 UMINの提供するサービスの中に、臨床試験登録システム(UMIN-CTR)があります。

 この登録システムは、ICMJE(International Committee of Medical Journal Editors: 医学雑誌編集者国際委員会)の基準を満たす臨床試験登録サイトとなっており、UMIN-CTRに登録された臨床試験情報は、WHO ICTRP(International Clinical Trials Registry Platform)に送信され、国際的なデータベースに登録されます。登録された情報はフリーアクセスの公開情報となり、CONSORT声明の情報の登録(23項)などを満たします。UMIN-CTRは、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の「登録された臨床研究計画の内容が公開されているデータベース」にあたります。

 機能性表示食品特定保健用食品の臨床試験でも、UMIN-CTRなどへの事前登録が求められています。

UMIN-CTRの必要条件

 臨床試験の登録は、英語で記入された情報が正式となります。また、ICMJEの基準を満たすには、登録と情報公開が必要で、登録の際に公開日を指定できるようになっています。

 臨床試験の登録は、必ず最初の参加者の登録・組み入れ前までに済ませます。正式に臨床試験が登録されると、取り下げはできません。登録後の修正は履歴がすべて残るので、登録の前に入念なチェックをお勧めします

UMINの活用

 UMINのホームページには、準備作業用のWordファイルや臨床試験登録の試用システムが用意されており、試用システムでは登録の練習(ただし、利用にはIDが必要になり、取得には条件があります。)ができるようになっています。

 まずは何より、UMIN IDの取得を試みて下さい。また、実施計画を準備作業用のWordファイルに記載し、実際の登録に進むといった流れになります。

 登録後は、6カ月に1度の頻度で、UMINから登録情報の問い合わせがあるので、必要に応じて情報の更新を行います。 臨床試験の検索も、アクセス制限はなく、だれでも検索はできるようになっていますが、基本的に医学・医療関係者向けの内容(専門用語の知識が必要ですが、用語集も用意されています)となっています。