盲検法(Blinding)

 データの収集や解析の過程で発生する“バイアス”(先入観など)をコントロールするために、被験者、観察者、結果の評価者、データの解析者へ情報を伏せる手法です。どの段階まで知らされるかによって、非盲検(オープン)から四重盲検に分けられます。一般的には、非盲検、単盲検、二重盲検法が行われ、臨床試験で一番推奨されるのは二重盲検法です。

異なる立場の人々に被験者が試験群と対照群(プラセボ群)のどちらに属しているかという割付を隠蔽するのは、試験結果に影響する偏り(バイアス)を排除するためです。

タイトルとURLをコピーしました