分散分析と多重比較

統計学カテゴリーでは、エクセルの基本関数やルール、ヒストグラムや基本統計量(箱ひげ図の作成)、正規分布と信頼区間、それらを生かして2つの集団の差を判定するt検定について紹介してきました。このページでは3つ以上の集団を比較する際に使われる分散分析について解説しています。

以下の動画は、t検定、多重比較、分散分析の適用場面について簡単に説明しています。これまでのページの復習、このページの予習的な内容になります。

統計解析の種類と利用場面

タイトルとURLをコピーしました