タンパク質の栄養的役割

筋肉や血液、内臓など、私たちの体の多くの部分はたんぱく質により構成されています。更に、生体反応をつかさどる酵素であったり、免疫反応を持つ抗体、遺伝物質であるDNAとほぼ同量で結合しているタンパク質もあります。

たんぱく質の名前の由来はギリシア語で「第一の」を指します。日本語のタンパク質は元々「蛋白質」と表記されており、「蛋」とは卵のことを指し、卵白(蛋白)がタンパク質を主成分とすることからこの漢字があてられました。

タイトルとURLをコピーしました