脂質の栄養的な役割

脂質は水に溶けにい天然物と広く定義されており、栄養素の中で最も大きいエネルギーを得ることができます。エネルギー源だけでなく、クッションのような役割をになったり、ホルモンなどの生理活性物質の材料にもなります。

脂質は飽和脂肪酸不飽和脂肪酸などといった脂肪酸により構成されます。更に、脂質を分類すると、中性脂肪コレステロールリン脂質などがあります。