ビタミンの一覧と役割

脂溶性ビタミン

ビタミンA、D、E、Kが油に溶けやすい脂に溶けやすい脂溶性ビタミンです。DAKE(だけ)と語呂合わせすると覚えやすいと思います。

ビタミンは必要な物質でありますが、脂溶性ビタミンは過剰に摂取すると過剰症になるので、食事摂取基準では上限量が定められています。

ビタミンA

視力や目の角膜を正常に保つビタミンです。また、 発育や成長の促進にも関わります。そのため、 主な欠乏症は夜盲症、角膜や皮膚の乾燥、発育不全などが挙げられます。 ビタミンAを多く含む食品はレバーやウナギ、また緑黄色野菜などです。

ビタミンD

カルシウムの吸収の手助けをして骨や歯を健康に保つビタミンです。そのため、 欠乏症は骨粗しょう症、骨や歯の発育不全です。ビタミンDを多く含む食品はカツオ、マグロ、イワシなどの魚やきのこ類などです。

ビタミンE

抗酸化作用があり、がんや老化を防止するビタミンです。また、生殖機能の正常化にも関与していることが言われています。 欠乏症は溶結性貧血や神経系の異常、不妊などが知られています。ビタミンEを多く含む食品はアーモンド等のナッツ類、ひまわり油やコーン油などの植物性油脂などです。    

ビタミンK

ビタミンKは血液の凝固に関与しているビタミンです。そのため、 欠乏症は頭蓋内出血や血が止まりにくくなることが挙げられます。特に乳幼児期は命に関わることがあり、乳幼児健診で摂取されています。多く含む食品は 納豆やヒジキなどですが。大人であれば腸内細菌で合成されるので欠乏は稀ですが、抗生物質を摂取した後などは注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました